試して実感!人気のエイジングケア化粧品とは

aging care

人気のエイジングケア化粧品を徹底比較 HOME » エイジングケア化粧品の正しい選び方講座 » 洗顔&クレンジング編

洗顔&クレンジング編

クレンジングや洗顔はエイジングケアにとって重要な役割を果たしています。みなさんはこだわりを持って行っていますか?

エイジングケアの基本は肌に優しく汚れを落とす

クレンジングは油性の汚れを、洗顔は水性の汚れを落とすために行うことはほとんどの方がご存じかと思います。これがしっかり出来ていないと、毛穴に汚れが詰まってトラブルにつながってしまったり、化粧水や美容液などの美容成分が肌に浸透するのを阻害してしまったりと良いことなしです。

そのため、ついつい落ちの良さやすっきり感を求めがちになりやすいかと思います。しかし、落とすことと同じくらい肌を傷つけないこと、負担をかけないことも大切です。

正しい洗顔法を取り入れている、クレンジングにも洗顔にもこだわっている、なのに結果が出ない!なんて方は、ここが間違っているのかもしれません。

W洗顔で油性と水性の汚れを落としきることは基本ではあるのですが、どうしても肌に負担がかかりやすくなります。

第一に肌の汚れをしっかり落とすこと、第二にできるだけ肌に負担をかけすぎないということを考えること。これはエイジングケアのためにとても重要です。例えば、お湯で顔を洗うというのは、皮脂を落としすぎるので負担がかかります。

それでは、肌に優しく完全に汚れを落とすにはどうしたらいいのでしょうか?

W洗顔不要の石鹸洗顔がオススメ!

洗顔する際には、落としすぎるものは控え、保湿成分やアンチエイジング成分の配合されているものを選ぶことをオススメします。落とすためのものに美容成分を入れたって意味ないと感じる方もいるかもしれません。

しかし、落とす際には肌にとって必要なものも落ちてしまいがちです。その際に洗顔料に保湿成分などが含まれていれば、必要以上に肌に負担をかけずに済みますよね。そういったこともエイジングケアとしては考えなくてはいけません。

洗顔料として一番刺激が少なく安心なのはクレイタイプや石鹸タイプです。チューブタイプのものが主流になっていますが、硬すぎず柔らかすぎない状態でチューブとして使えるようにするためには、いろいろなものを添加しなければいけませんよね。クレイは自然のものなので、合う人にはかなり良い製品です。

石鹸は昔からあるものですよね。自分でも作れるくらい安全なものです。これに様々な美容成分を加えると、かなり効果の高い洗顔料が出来上がります。実際、美容洗顔石鹸、効果が高いととても人気が集まっています。

一番オススメなのは、洗顔石鹸にクレンジング機能を付加したものです。W洗顔する必要がないため、余計な負担をかけずに汚れもしっかり落ちます。

さらに、美容成分がたっぷり含まれていれば、汚れを落とす際も保湿作用やアンチエイジング作用で守ってくれます。いろいろと巡り巡って、いまだにジプシーだという方は、是非一度試してみてください。一度の洗いあがりでも違いを実感できるかと思います。

年代別に選んだ!
エイジングケア化粧品2選

<30・40代>
ラウディ・クリーミィ
モイストミルク

乳液・美容液・クリームの機能が1つになった「オールイン乳液」。美容成分の酸化物が肌に残留しないよう、浸透性の高いヒト型セラミド・コラーゲンを配合した“無酸化発想”のエイジングケア化粧品。

エイジングケア化粧品 ラウディ クリーミィモイストミルク

引用元:
ラウディ公式サイト
laudi.jp/product/・milk.html

初回1,980

<20代>
ヴィオー
パワーエッセンス

紫外線のダメージケア成分「AC-11」を配合。できる限り天然由来の成分を使用することで、敏感肌やアトピーの方でも使用できる美容液です。

エイジングケア化粧品2位 ヴィオーパワーエッセンス

引用元:
ヴィオー公式サイト
vie-eau.co.jp/
poweressence.html

トライアル 2,000円

 

※本サイトは、座談会・体験レポートのほか、個人が収集した情報をもとに構成しております。
最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認ください。

pagetop