試して実感!人気のエイジングケア化粧品とは

aging care

人気のエイジングケア化粧品を徹底比較 HOME » エイジングケア化粧品の正しい選び方講座

エイジングケア化粧品の正しい選び方講座

環境や生活のストレスから、今や20代からエイジングケアは常識。まずは正しい化粧品選びについてしっかり理解しましょう。

お肌の老化の原因は活性酸素にアリ

しわ、しみ、たるみ…などを引き起こすのは活性酸素です。

私たちのからだの中には、活性酸素がいたる所に発生します。もちろん、からだにとって必要な働きをしているのですが、増えすぎると金属がサビるように、からだもサビがたまってきます。

このサビが、お肌の老化であり、からだの老化を誘発します。

ですから、活性酸素が増えないようにするということがなにより重要。

若い頃はからだの抗酸化力が勝っているので良いのですが、年齢とともに抗酸化力は下降してしまいます。

ですから、活性酸素を増やさないよう意識的にスキンケアをしなければなりません。

気になってからでは遅い!?先手必勝のエンジングケア

エイジングケアの極意は何かというと、先手必勝。形となって出てくるより前に手を打つことで、形になってしまうことを防ぐということ。

しわも、深くなるとなかなか元には戻せません。乾燥もひどくなってくると、バリア機能も低下し、細胞にもダメージが及んでいます。

一度はがれてめくれあがってしまったら、もう水分を与えようが、油分を与えようが元には戻りません。

そこで、老化の原因・活性酸素の発生や除去を防ぐ効果の高い化粧品を使って、日々のスキンケアを行う必要があります。

とはいえ、美容成分のなかには、肌の上に残り続けると酸化してしまう恐れのあるものもあります。

ですから、配合されている成分が酸化しにくく、かつ抗酸化作用の高い化粧品を選ぶことが、エイジングケアにとってとても重要。

そこで、このカテゴリでは、必ず知っておくべき、エイジングケア用化粧品の選び方をご紹介します。

アイテム編では、

  • クレンジング&洗顔料
  • 基礎化粧品
  • スペシャルケア

の3つのアイテムの選び方を紹介。

きほん中のきほん、お肌に負担をかけずに、しっかり汚れを落とす大切さと、そのために選ぶべき洗顔料。

エイジングケア効果の高い化粧品、パックやマッサージクリームなどのスペシャルケア・アイテムの選び方から正しい使い方まで、気になるコスメ情報をまとめています。

成分編では、老化の原因である活性酸素を増やさないために効果的な成分や、お肌がみずみずしく保たれるために必要な成分について詳しく解説しています。

特集ページ・【注目!】エイジングケアに効く美容成分を読む>>

年代別に選んだ!
エイジングケア化粧品2選

<30・40代>
ラウディ・クリーミィ
モイストミルク

乳液・美容液・クリームの機能が1つになった「オールイン乳液」。美容成分の酸化物が肌に残留しないよう、浸透性の高いヒト型セラミド・コラーゲンを配合した“無酸化発想”のエイジングケア化粧品。

エイジングケア化粧品 ラウディ クリーミィモイストミルク

引用元:
ラウディ公式サイト
laudi.jp/product/・milk.html

初回1,980

<20代>
ヴィオー
パワーエッセンス

紫外線のダメージケア成分「AC-11」を配合。できる限り天然由来の成分を使用することで、敏感肌やアトピーの方でも使用できる美容液です。

エイジングケア化粧品2位 ヴィオーパワーエッセンス

引用元:
ヴィオー公式サイト
vie-eau.co.jp/
poweressence.html

トライアル 2,000円

 

※本サイトは、座談会・体験レポートのほか、個人が収集した情報をもとに構成しております。
最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認ください。

pagetop