試して実感!人気のエイジングケア化粧品とは

aging care

人気のエイジングケア化粧品を徹底比較 HOME » お肌の悩み別アンチエイジングのチェックポイント » しわ

しわ

シワは女性にとって大きな悩みですよね。どうしても避けられないものではあるけれど、1日でも長くシワのない綺麗な肌を維持したい!と願うのは女性として当然でしょう。

どんなケアをしたらいいか?疑問に感じるかと思いますが、まずは基本となるシワの種類を知ったうえで、種類ごとの対策をお届けしていきたいと思います。

素肌美人の大敵!シワの種類とケア方法

肌に溝ができるのは、全てシワと考えがち。ですが、シワにも種類があり、原因も異なれば対策も違います。

目元や口元、眉間などにでるシワ

笑いじわとよく言いますが、これは総称して表情じわと言われています。

目や口など、よく動かす部分にシワが出来てしまいます。眉間にシワを寄せるクセのある方は、気を付けないとそこにも表情じわができてしまいます。これを避けるのは難しく、あまり気にしすぎない方が良いタイプと言えます。

表情じわは、できたと感じたらその日のうちにシワを伸ばすようにし、美容液を塗りこんだり、スペシャルパックなどでケアしてください。

目の下や口周りなどにできる細かいシワ

これは乾燥が原因となる乾燥じわ。目の下ですと、非常に細かく横ジワが、口元は法令線あたりに縦に細かいシワが入りやすいです。

表皮までの陥没で済んでいる小じわにあたりますので、深いものに比べると取り返しがつく感がありますが、メイクのりが悪くなりますし、放っておくと小じわで済まなくなる可能性がありますので、日常的なケアが必要です。

対策としては、やはり保湿です。スキンケアはもちろんですが、特に秋~冬は湿度がどんどん下がりますので、こまめに加湿を心がけ、水分補給もしてあげましょう。最近ではメイクの上からできるミストのでる美容機器も多数あります。

全体的にハリがなくてシワシワしている

これは通称紫外線じわと呼ばれるものです。ハリや弾力がなくなってしまう大きな原因のひとつとして紫外線が挙げられます。紫外線は、真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチンを切断してしまいますので、ハリや弾力がなくなり、全体的にたるんだ印象になってしまいます。

最近ではUVケアを日常的なものとして行っている方が多いかと思います。夏だけではなく、一年中UVケアをすることが一番の対策です。その際は、あまり肌に負担のかからないものを選ぶと良いかと思います。SPFは20程度で十分です。こまめに塗り直しをすることを心がけましょう。

万が一、紫外線をしっかり浴びてしまった!という日があれば、夜ビタミンCでケアをしてあげると良いかと思います。その日に受けた老化要因はその日のうちにケアすることが大切です。

普段のスキンケアのやりすぎによるシワ

美肌を目指していると、ついついいろいろなことをしたくなったり、汚れを落とすべくゴシゴシこすってしまったりするものです。しかし、顔の皮膚はとても繊細なものです。いろいろな要因で細胞が傷つき、それを修復するだけでも大変なのに、あえて外から傷つけるような行為をしてしまっては、修復しきれません。

とにかく細胞を傷つけないよう、優しく優しく扱うのがスキンケアのコツです。マッサージする際も、オイルやクリームを適量使用し(少なすぎると、肌に負担がかかり逆効果です)、こすりすぎないことを意識します。

肌がくすんで全体的に疲れている感じがするときは要注意

細胞が活性していない状態ですと、肌荒れしても治りづらいですし、くすみもでます。

細胞の修復が行き届いていないということは、真皮層にある線維芽細胞も元気がありませんので、コラーゲンやエラスチンが産出されません。つまり、真皮層までの深いシワができやすい状態ということです。

細胞の元気がない原因は多数あり、栄養状態や睡眠不足、ストレスなど絞ることは難しいかと思います。できるだけ規則正しい生活やストレス発散を心がけるとともに、普段のケアに細胞活性作用のある成分を取り入れることをオススメします。

スキンケアのコツを知って、間違いのないケアを

シワの種類と対処法、また簡単な化粧品の選び方などをご紹介したわけですが、いずれにせよ、紫外線・乾燥に気をつけ、細胞を活性化させることがシワ対策としては重要です。そのため、日常的にUVケアを心がけ、保湿・細胞活性作用のある化粧品を選ぶ必要があります。

スキンケアを行う際には、優しく肌を扱うことを意識し、ケアの最後には必ず乳液やクリームで潤いを閉じ込めることも重要です。どちらを使用するかはメーカーによって異なりますので、ご使用の化粧品ブランドで確認すると良いでしょう。

また、シワのできやすい目元には、美容液の使用をオススメします。顔全体に美容液を塗ることで良いとしよう、とつい考えがちなのですが、実はこれが落とし穴なのです。

顔全体にある毛穴ですが、目の周りにはそれがありません。毛穴から出る皮脂は天然のクリームと呼ばれているくらい保湿効果のあるもの。それが目の周りからは出ないのです。やはり別にケアしてあげる必要があるのです。

目元にまでしっかり塗ることができる美容液を重ね付けすることでも代用ができますので、ポイントごとのケアを忘れないようにしましょう。

>>しわの悩みを丸ごと解決!30~40代が選んだ上質エイジングケア化粧品はこちら

年代別に選んだ!
エイジングケア化粧品2選

<30・40代>
ラウディ・クリーミィ
モイストミルク

乳液・美容液・クリームの機能が1つになった「オールイン乳液」。美容成分の酸化物が肌に残留しないよう、浸透性の高いヒト型セラミド・コラーゲンを配合した“無酸化発想”のエイジングケア化粧品。

エイジングケア化粧品 ラウディ クリーミィモイストミルク

引用元:
ラウディ公式サイト
laudi.jp/product/・milk.html

初回1,980

<20代>
ヴィオー
パワーエッセンス

紫外線のダメージケア成分「AC-11」を配合。できる限り天然由来の成分を使用することで、敏感肌やアトピーの方でも使用できる美容液です。

エイジングケア化粧品2位 ヴィオーパワーエッセンス

引用元:
ヴィオー公式サイト
vie-eau.co.jp/
poweressence.html

トライアル 2,000円

 

※本サイトは、座談会・体験レポートのほか、個人が収集した情報をもとに構成しております。
最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認ください。

pagetop