試して実感!人気のエイジングケア化粧品とは

aging care

人気のエイジングケア化粧品を徹底比較 HOME » お肌の悩み別アンチエイジングのチェックポイント » たるみ

たるみ

シミやシワといった細かい変化には気づいても、全体的に皮膚が下がっていることには、なかなか気づきにくいもの。なんか肌の調子がいまいち、なんだか顎の周りにお肉がついたかも…なんて思っていたある日、それがたるみによるものだと気づくのです。

たるみの種類と原因を徹底調査

頬の毛穴が気になりだしたら要注意!カンタンなチェック方法ですが、まず皮膚をゆっくり持ち上げてみてください。毛穴が気にならなくなりましたか?もしそうなら、それはたるんでいる証拠です。肌弾力がなくなり、垂れ下がってきていたため、毛穴が目立っていたのです。

たるみには、大きく分けると3つの要因があるそうです。「加齢」「脂肪」「筋肉の衰え」となります。

脂肪

顎周りに脂肪がたくさんついていると、年齢とともにその重さに耐えられなくなってきます。そのため、徐々に下がってきて、たるみ肌に。体重に変化はないのに、なぜか最近2重顎になってしまった、と言う人は実はそれはたるみによるものなのです。

とは言え、脂肪が原因なら取り除けば良い!と無理なダイエットをすると、痩せジワの原因となります。他の対策をとりつつ、もしダイエットをするなら少しずつ体重を落とし、表情筋を鍛える必要があります。

筋肉の衰え

体でも、ヒップなどは鍛えづらく、気づけば垂れ下がってしまいます。しかし、集中的に継続して筋肉を鍛えれば、またキュッと上がったお尻に戻すことは不可能ではありません。

顔も同じなので、表情筋を常に鍛える努力をすれば、たるみは最小限にとどまります。ただし、やりすぎはシワに原因になりますのでほどほどに。

加齢

加齢により、コラーゲンやエラスチンが減少し、肌弾力がなくなることで、皮下脂肪を支えられなくなり、たるみとなります。

これはもう止めようのないものではあるのですが、抗酸化成分を取り入れたり、日常生活を見直して加齢を促進する要素を取り除けば、進むスピードは遅くなります。

最大の原因は細胞の老化にある

3つの要因に分けたと言っても、すべての根本には細胞の老化が挙げられます。細胞が元気なうちは、いくら脂肪がついていてもプリプリしていますし、筋肉が衰えるということもほとんどありません。

肌弾力を作り出すのはコラーゲンやエラスチン。年齢とともに、その量自体も減ってしまうのに、細胞が老化することで作り出される量も減ってしまいます。しかも、コラーゲン生成作用を持つと言われる女性ホルモンも分泌が減ってしまいます。新陳代謝も落ちていきますので、ターンオーバーが乱れ、肌は硬く、そして薄くなっていくそうです。

しかし、こういった老化現象は、加齢だけで起こるのではなく、紫外線や乾燥、ストレス、生活の乱れなど、多くの要素がプラスされて促進されています。つまり、加齢以外の余計な要素を極力減らすとともに、筋肉を鍛えたり抗酸化作用のある成分を取り入れるなどの努力をすれば老化現象は抑えられるのです。

特にやっておきたいたるみケアとは?

たるみをできるだけ起こらないようにするためには、老化現象の元を絶たなければいけません。規則正しい生活をし、バランスの良い食事や良質の睡眠、適度な運動を心がけることが理想的です。

中でも、もっと簡単にできる日常的なたるみケアと言えば、表情筋を鍛え、抗酸化作用のある成分を含む化粧品を取り入れることです。もちろん、乾燥気味の方は保湿作用の強い成分も取り入れる必要があります。特に、日常的な「への字口」には気を付け、日頃から口角を上げるようにしましょう。

美容液だけではなく、スペシャルケアとして週一くらいのペースでも構わないので、フェイシャルマッサージを行うこともおすすめします。できれば抗酸化作用のある成分配合のクリームやオイルだと最高なのですが、もし難しければ普段使っているクリームに少しオイルを足して行ってみてください。

ケアのポイントとしては、下から上、内から外に向かってマッサージすること。ツボはしっかり押してもいいのですが、皮膚は引っ張ったりしないよう優しく肌の上を滑らすように指を動かします。そのため、クリームはしっかり使うことが大切です。滑りが悪くなってきたと感じたら、適量を足して行ってください。

>>30~40代が試して選んだ!抗酸化成分たっぷりの人気エイジングケア化粧品はこちら

年代別に選んだ!
エイジングケア化粧品2選

<30・40代>
ラウディ・クリーミィ
モイストミルク

乳液・美容液・クリームの機能が1つになった「オールイン乳液」。美容成分の酸化物が肌に残留しないよう、浸透性の高いヒト型セラミド・コラーゲンを配合した“無酸化発想”のエイジングケア化粧品。

エイジングケア化粧品 ラウディ クリーミィモイストミルク

引用元:
ラウディ公式サイト
laudi.jp/product/・milk.html

初回1,980

<20代>
ヴィオー
パワーエッセンス

紫外線のダメージケア成分「AC-11」を配合。できる限り天然由来の成分を使用することで、敏感肌やアトピーの方でも使用できる美容液です。

エイジングケア化粧品2位 ヴィオーパワーエッセンス

引用元:
ヴィオー公式サイト
vie-eau.co.jp/
poweressence.html

トライアル 2,000円

 

※本サイトは、座談会・体験レポートのほか、個人が収集した情報をもとに構成しております。
最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認ください。

pagetop