試して実感!人気のエイジングケア化粧品とは

aging care

人気のエイジングケア化粧品を徹底比較 HOME » お肌の悩み別アンチエイジングのチェックポイント » シミ

シミ

どんなに気を付けていても、ちょっとしたきっかけや年齢とともに必ず表れ、美肌を願う女性を苦しめるのがシミです。

そもそもシミはなぜできるのでしょうか?

シミの種類別に原因とケア方法を知る

シミは元々、私たちの体を守るために存在します。当然、過度の紫外線から守るためということなのですが、その理由にはいろいろと説があるようです。

角質層の基底にあるメラノサイトが紫外線によって刺激を受けると、メラニンをたくさん作ってしまうわけです。一番有名な説では、メラニンによって過度の紫外線を体内に入れないようにすることで、DNAを傷つけないため、と言われています。DNAが傷つくことを繰り返すと、皮膚ガンのリスクが高まりますので、メラニンは非常に重要な役割を担っています。

他にも、紫外線を浴びると血液が酸性に傾き、疲れやすくなってしまうので、それを防ぐためとも。または、体温を一定に保つため、なんていう理由も挙がっています。いずれにせよ、メラニンは実は体にとってとても有益な側面があるということです。

しかし、美容という面から見ると、非常に邪魔な存在です。もし、紫外線から体を守るためにメラニンができるのだとすれば、UVケアを徹底すればシミはできないのではないか?と思いますよね。しかし、シミには種類があり、それぞれ原因も異なってきます。詳しくご紹介していきたいと思います。

老人性色素班(スポット班)

いわゆる紫外線が原因で起こるシミで、一般的にお年寄りの方に多く見られる、みなさんが想像するようなシミです。畑仕事などをしてきた働きものの手の甲はシミだらけになりがちですが、それもこの老人性色素班です。

若いころは、いくら紫外線を浴びてメラニンが生成されても、ターンオーバーが正常で古い角質がきちんと剥がれ落ちていますので、メラニンも皮膚に残るようなことはありません。しかし、年齢とともにターンオーバーが乱れ、メラニンが積み重なっていくと、このシミが残り、日に日に濃く大きくなってしまう現象も起こりやすくなります。

原因が紫外線ということなので、お分かりの通り、予防策は徹底したUVケアとなります。夏場だけでなく、一年中行うことが大切で、家にいるときもできるだけ行ってあげることをオススメします。

肝斑

30~40代の女性に多く表れる左右対称のシミのことを指します。こちらも、原因として紫外線が挙げられますが、妊娠前にできることが多々見受けられるため、女性ホルモンも大きな要因だと考えられています。

ケアの方法としては、ビタミンCやビタミンEをサプリや化粧品で取り入れたり、リノール酸、アルブチン配合のスキンケア化粧品を使用することが挙げられます。また、ケミカルピーリングなども有効だそうです。

炎症後色素沈着

アレルギー体質の方によくあるのがこのタイプ。しかし、普通肌の女性でも、ニキビ跡がシミになってしまった、というケースは経験があるのではないでしょうか。

アトピーの方をはじめ、肌が敏感な(弱い)方は、化粧品や花粉、石鹸など、なにかちょっとしたことがきっかけで炎症を起こし、かぶれの状態になってしまいます。すると、肌を守ろうと必要以上にメラニンが作られ、後々シミになってしまうのです。そのため、かぶれの期間が長ければ長いほど、メラニンが作られる期間も長いため、シミが濃く大きくなりやすいとも言われています。

元々持っている体質によるものも大きくなりますので、自分の肌がどういったものに炎症を起こすのか、知ることはとても重要です。ただし、化学成分などに反応する場合、特定が難しいかと思いますので、炎症を起こしたあとはできるだけ長引かせないことを心がけましょう。

反応を起こしやすいものはできるだけ遠ざけ、炎症を起こした肌は必要以上に触らず、優しく扱いましょう。

ソバカス

幼い頃から表れるのがソバカスの特徴です。これは、遺伝的な要素が大きな要因になっているからです。両親のどちらかにソバカスがあれば、その子供にソバカスが表れる可能性は多いにあります。

しかし、子供の頃のものは年齢とともに消えていくケースも見られます。逆に、加齢とともに現れたタイプはなかなか取り除くことは難しいそうです。

ソバカスももちろん他のシミと同じようにメラニンによるものですので、紫外線やストレス、生活習慣の乱れなども原因となりますので注意が必要です。

美白化粧品を使用する際に気を付けたいポイント

シミに関しては、タイプによって対策が異なっていたり、外科的な治療になってしまったり、場合によっては再発したりなど、なかなか対策が難しいように感じます。

しかし、根本的にUVケアをすることや、日常的に使用しているスキンケア化粧品に美白効果のある成分を取り入れることなど、自分でできることで薄くする努力はできます。なかなか実感できなくても、状況を悪化するよりはひとつひとつできることをやるに越したことはありません。

スキンケアのポイントとしては、美白化粧品を使用する際は(アンチエイジングや保湿などでも言えることですが)、必ずライン使いすることをオススメします。クレンジングやローションなど、それぞれがお互いを高め合うように研究され、作られていますので、強いこだわりがない限りはライン使いが基本です。同じブランドで揃えるのが難しかったとしても、美白系で揃えることは大切です。

また、化粧品を選ぶ際には、成分にもこだわって選びましょう。美白系の効果の高い成分は入っているのか、肌に刺激の強い成分は入っていないのか、わかる範囲でできるだけ確認します。シミは炎症によっても起こるものですので、肌と相性の良いものを見つける必要があります。

そして、美白ならではの注意点ですが、スポット使いができるかどうか、ということです。美白成分の強いものは、シミの気になる部分にのみ、スポット的に使えると、シミのない正常な皮膚の部分に余計な刺激を与えずに済みますし、無駄な浪費も抑えられます。こういったスポット使いできる美白化粧品は、効果が高いことが多いのです。

美白効果の高い成分としては、ビタミンC誘導体酵素ビタミンEアルブチンレチノールプラセンタAHAなどが挙げられます。

年代別に選んだ!
エイジングケア化粧品2選

<30・40代>
ラウディ・クリーミィ
モイストミルク

乳液・美容液・クリームの機能が1つになった「オールイン乳液」。美容成分の酸化物が肌に残留しないよう、浸透性の高いヒト型セラミド・コラーゲンを配合した“無酸化発想”のエイジングケア化粧品。

エイジングケア化粧品 ラウディ クリーミィモイストミルク

引用元:
ラウディ公式サイト
laudi.jp/product/・milk.html

初回1,980

<20代>
ヴィオー
パワーエッセンス

紫外線のダメージケア成分「AC-11」を配合。できる限り天然由来の成分を使用することで、敏感肌やアトピーの方でも使用できる美容液です。

エイジングケア化粧品2位 ヴィオーパワーエッセンス

引用元:
ヴィオー公式サイト
vie-eau.co.jp/
poweressence.html

トライアル 2,000円

 

※本サイトは、座談会・体験レポートのほか、個人が収集した情報をもとに構成しております。
最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認ください。

pagetop