試して実感!人気のエイジングケア化粧品とは

aging care

人気のエイジングケア化粧品を徹底比較 HOME » お肌の悩み別アンチエイジングのチェックポイント » 毛穴

毛穴

美肌を望む人なら誰しもが気になる「毛穴」。毛穴ケアはとても奥が深いものなのです。

毛穴の開きや詰まりには正しい洗顔を

そもそも、毛穴には皮脂を出すという重要な役割があります。この皮脂は、いわば肌の天然クリーム。汗孔から出る汗が交じることで、皮膚に膜を張ってくれるわけです。

毛穴は本来、皮脂を出す際に開き、それ以外のときはキュッと締まっているはずです。しかし、これがうまくコントロールできなくなると、毛穴は常に開きっぱなし。口が常に開いている状態なのですから、当然目立ちます。これがいわゆる「開き毛穴」というものです。

そして、開き毛穴に過剰に分泌された皮脂が詰まると「皮脂毛穴(詰まり毛穴)」となるわけです。通常であれば、皮脂はきちんと外に排出されるようになっています。それがうまくいかないのがこの皮脂毛穴です。

この皮脂が酸化してしまい黒ずんだ状態が「黒ずみ毛穴」となります。よく「いちご鼻」なんて言いますよね。黒い点々が鼻を埋め尽くしているので、非常に気になる状態です。

つまり、「開き毛穴」→「皮脂毛穴」→「黒ずみ毛穴」と段階を踏んで悪化しているわけです。全ての原因は開き毛穴にあると言っても過言ではありません。

この開き毛穴の原因としては、間違った洗顔法が大きく関わってきます。間違った洗顔法を続けたことで、肌が刺激を受けすぎてしまったり、乾燥してしまったり、汚れが常に詰まった状態になったりして、毛穴につながってしまうことが非常に多いようです。毛穴と言えばピーリングですが、その前に洗顔法を見直してみましょう。

黒ずみ毛穴だと、さっぱりな化粧品を使用しがちですが、保湿をしてあげるのが正解です。乾燥肌の場合、肌が自己防衛本能で皮脂を出しすぎてしまい、毛穴が開きっぱなしになってしまいます。脂肌でも、皮脂過剰で毛穴は開きっぱなし。つまり、肌の水分量を整えてあげることは重要なことなのです。

加齢によるたるみ毛穴には化粧品で対応

毛穴には、もうひとつ種類があります。それは「たるみ毛穴」。原因は加齢です。

肌を持ち上げてみて頬の毛穴が気にならなくなれば、それは毛穴がたるんでいる証拠。これは、肌全体がたるんできたという信号なので、注意が必要です。

たるみ毛穴には、リノール酸リノレイン酸γリノレイン酸が良いと言われています。肌細胞を活性化したり、細胞膜をつくってくれるそうです。もちろん、他にもいろいろと開発されていますので、ドクターズコスメなどは医師監修のもとに作られているので信頼でき、安心です。

また、加齢によって水分を保持しづらくなった肌は、たるみ毛穴につながりますので、化粧品を選ぶ際はさっぱり目よりしっとり目の保湿タイプを選ぶことをオススメします。肌に潤いが戻れば、新陳代謝もアップしますので、たるみ毛穴が改善される期待が持てます。

さらに、普段の食生活にイソフラボンを意識して取り入れると徐々に変化が見られるかもしれません。特にビタミンCと一緒に摂取するとコラーゲンが生成されますので、ハリには欠かせません。イソフラボンは豆乳や大豆、高野豆腐など。ビタミンCは、イチゴやオレンジ、ブロッコリー、ホウレンソウなどに含まれます。

一度開いた毛穴はすぐには戻りません。正常に開閉するようになるまで、じっくり向き合っていきましょう。

年代別に選んだ!
エイジングケア化粧品2選

<30・40代>
ラウディ・クリーミィ
モイストミルク

乳液・美容液・クリームの機能が1つになった「オールイン乳液」。美容成分の酸化物が肌に残留しないよう、浸透性の高いヒト型セラミド・コラーゲンを配合した“無酸化発想”のエイジングケア化粧品。

エイジングケア化粧品 ラウディ クリーミィモイストミルク

引用元:
ラウディ公式サイト
laudi.jp/product/・milk.html

初回1,980

<20代>
ヴィオー
パワーエッセンス

紫外線のダメージケア成分「AC-11」を配合。できる限り天然由来の成分を使用することで、敏感肌やアトピーの方でも使用できる美容液です。

エイジングケア化粧品2位 ヴィオーパワーエッセンス

引用元:
ヴィオー公式サイト
vie-eau.co.jp/
poweressence.html

トライアル 2,000円

 

※本サイトは、座談会・体験レポートのほか、個人が収集した情報をもとに構成しております。
最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認ください。

pagetop