試して実感!人気のエイジングケア化粧品とは

aging care

人気のエイジングケア化粧品を徹底比較 HOME » お肌の悩み別アンチエイジングのチェックポイント » ほうれい線

ほうれい線

ほうれい線が一番気になるシワという女性も多いのだとか。ほうれい線が濃くなるだけで、グッと老けて見えてしまうから不思議です。だからこそ、1日でも濃くなる日を延ばしたいと願ってしまうのです。それでは、なぜほうれい線は濃くなってしまうのでしょうか?

ほうれい線ができてしまう理由とはなにか

ほうれい線が濃くなる原因は様々なことが挙げられます。一般的にシミの原因だと言われている紫外線や乾燥も原因のひとつですし、実はストレスや睡眠不足といった日常的な生活の乱れなども要因と考えられます。

しかし、どんなに気を付けて普段からケアしていても、年齢を重ねれば必ず深くなってしまうもの。その一番の原因は加齢によるたるみだと言われています。これは自然現象なので、必ず起こることですが、起こる時期を先延ばしすることは可能です。

例えば、お尻も30歳を過ぎるとめっきり垂れ下がってきてしまうものですが、マッサージや筋トレを行うことで、キュッと上がった美尻を維持することは可能です。

顔もそれと同じで、日常的に表情筋を鍛えたり定期的にマッサージをしてあげると、肌がキュッと上がった状態が維持できますので、ほうれい線は濃くなりません。ただし、表情筋を鍛える運動を過度にしてしまうと、逆にシワの原因となりかねないので注意が必要です。

ほうれい線ケアにおけるポイントと注意点

ケアのポイントとしては、気にならないうちから日常的に行ってあげることでしょうか。なぜなら、深くなってしまったほうれい線をなかったことにするのは非常に難しいからです。

マッサージや表情筋のトレーニングも大切ですが、普段からUVケアを徹底したり、使用している化粧品に保湿効果のあるものや細胞活性効果のある成分が含まれているものを使用するとより効果的です。

また、ほうれい線が気になりだしたときや口周りが乾燥しがちなときなどには美容液やクリームを重ね付けすると、なお実感しやすくなります。

まだ気にならないうちは、良い化粧品を買ったり、スペシャルケアをすることに対して「もったいない」「めんどくさい」と感じるかもしれませんが、同世代の方との違いが出てきたときに、「意識的にケアして良かった」「成分を気にして化粧品を選んで正解だった」と感じるかと思います。

>>ふだん使いに最適!20~40代が試して選んだエイジングケア化粧品とは?

年代別に選んだ!
エイジングケア化粧品2選

<30・40代>
ラウディ・クリーミィ
モイストミルク

乳液・美容液・クリームの機能が1つになった「オールイン乳液」。美容成分の酸化物が肌に残留しないよう、浸透性の高いヒト型セラミド・コラーゲンを配合した“無酸化発想”のエイジングケア化粧品。

エイジングケア化粧品 ラウディ クリーミィモイストミルク

引用元:
ラウディ公式サイト
laudi.jp/product/・milk.html

初回1,980

<20代>
ヴィオー
パワーエッセンス

紫外線のダメージケア成分「AC-11」を配合。できる限り天然由来の成分を使用することで、敏感肌やアトピーの方でも使用できる美容液です。

エイジングケア化粧品2位 ヴィオーパワーエッセンス

引用元:
ヴィオー公式サイト
vie-eau.co.jp/
poweressence.html

トライアル 2,000円

 

※本サイトは、座談会・体験レポートのほか、個人が収集した情報をもとに構成しております。
最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認ください。

pagetop