試して実感!人気のエイジングケア化粧品とは

aging care

人気のエイジングケア化粧品を徹底比較 HOME » 絶対に押さえておきたいアンチエイジング6つの基本 » 糖化を防ぐ

糖化を防ぐ

最近注目を浴びている「糖化」。実は酸化と糖化はとても密接な関係があり、酸化が糖化を呼び、糖化が酸化を呼ぶという最悪の老化サイクルが出来上がってしまいます。そのため、両方のケアを一緒に行っていく必要があるのです。

そこで、ここでは、糖化にスポットを当ててお話していきたいと思います。

アンチエイジングの大敵「糖化」に負けないために

体内に糖が増えると、体は一生懸命に糖を減らそうとするのですが、残ってしまう場合があり、それが最終糖化産物(AEGs)と呼ばれるものに変わります。これを糖化と言います。

糖はタンパク質と結合しやすいため、タンパク質であるコラーゲンとも結合しやすくなります。コラーゲンが糖化すると、シミや黄ぐすみ、たるみなどの原因となると言われています。

コラーゲンなどがAEGsになると、それを分解しようとする酵素が作られます。その酵素がAEGsの周りにある線維芽細胞をも攻撃して傷つけてしまうのです。線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチンを作り出す、いわば美肌の元となる細胞です。そのため、シワやたるみなどの肌老化が促進されてしまうのです。また、細胞へのダメージは、シミにも繋がります

また、角質も糖化するのですが、それは肌を硬くし、キメを粗くする原因となるそうです。

糖化の原因は紫外線や高血糖など様々なことが考えられています。作り上げられる最終糖化産物も非常に種類が多いため、ひとつの抗糖化成分を摂れば良いわけではなく、いろいろな成分を摂取することが推奨されています。

美肌のためには抗糖化成分の摂取が必須!

抗糖化成分の中でも、注目を浴びている美容成分を少しお伝えしたいと思います。

  • 桜の花エキス
    AGEsの生成を抑制する効果がある注目の成分。コラーゲンの生成も助けるため、アンチエイジングにはもってこいです。
  • カルニシン
    糖がタンパク質に結合する前にカルニシンが結合してしまうことで、糖化するのを防ぎ、糖を排泄させる働きを持っています。さらに、抗酸化作用も認められています。
  • αリポ酸
    細胞において、糖の使用を促進して余るのを防いでくれます。そのため、タンパク質との結合がしづらく、AGEsが新たに作られなくなります。また、強い抗酸化作用も併せ持ちます。
  • アポラクトフェリン
    AGEsと結合しやすい性質を持っているので、AGEsの体内への取り込みを防ぎ、排泄させてくれます。
  • サポニン
    体の中に溜まってしまっているAGEsを取り除いてくれます。
  • ビタミンB6
    体内で糖とタンパク質が結合するのを邪魔してくれます。ビタミンB1も一緒に摂取すると良いそうです。
  • メトホルミン
    血糖を減少させるとともに、抗酸化作用による抗糖化が期待できます。
  • アルギニン
    糖と結合しやすいため、タンパク質と糖との結合を阻害してくれます。

※酸化は糖化を促進させてしまうので、酸化対策も打つべきなのですが、酸化については他ページで詳しくご紹介していますので、ここでは抗酸化成分は省かせていただきます。

抗糖化成分だけでも、非常に種類が多く、様々なものを摂取しなくてはならないのに、糖化だけでなく酸化にも意識を向けなくてはいけません。

さらに、抗糖化成分にプラスして抗酸化成分を摂るというのは、食事では非常に難しく、気にしすぎると逆にストレスになりかねません。サプリメントをうまく利用し、負担なく美肌作りをしていただきたいと願っています。

年代別に選んだ!
エイジングケア化粧品2選

<30・40代>
ラウディ・クリーミィ
モイストミルク

乳液・美容液・クリームの機能が1つになった「オールイン乳液」。美容成分の酸化物が肌に残留しないよう、浸透性の高いヒト型セラミド・コラーゲンを配合した“無酸化発想”のエイジングケア化粧品。

エイジングケア化粧品 ラウディ クリーミィモイストミルク

引用元:
ラウディ公式サイト
laudi.jp/product/・milk.html

初回1,980

<20代>
ヴィオー
パワーエッセンス

紫外線のダメージケア成分「AC-11」を配合。できる限り天然由来の成分を使用することで、敏感肌やアトピーの方でも使用できる美容液です。

エイジングケア化粧品2位 ヴィオーパワーエッセンス

引用元:
ヴィオー公式サイト
vie-eau.co.jp/
poweressence.html

トライアル 2,000円

 

※本サイトは、座談会・体験レポートのほか、個人が収集した情報をもとに構成しております。
最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認ください。

pagetop