試して実感!人気のエイジングケア化粧品とは

aging care

人気のエイジングケア化粧品を徹底比較 HOME » 絶対に押さえておきたいアンチエイジング6つの基本 » 細胞を活性化させる

細胞を活性化させる

そもそも、老化は細胞が古くなって弱まり、修復する力より破壊のスピードの方が上がってしまうことで起こります。細胞が弱っている状態では、老化しやすいということがわかります。

細胞の活性化はアンチエイジングの近道

細胞に元気があれば、新しい細胞と古い細胞の入れ替わりがうまくいきます。これがターンオーバーが正常である状態です。

ターンオーバーが正常であれば、不要なメラニンも排出されますし、古くなった角質も取り除かれますので、透明感のある白く柔らかい赤ちゃん肌を保つことができます。

また、真皮層にある線維芽細胞の元気がなくなれば、コラーゲンやエラスチンを作りづらくなりますので、肌の弾力やハリが失われ、シワやたるみが起こりやすくなります。細胞に元気がないということは、老化現象全体に拍車をかけてしまうということなのです。

肌の老化の原因のひとつに女性ホルモンがよく挙げられます。女性ホルモンは、繊維芽細胞へ影響を与え、コラーゲンやヒアルロン酸などの生成を促進してくれるそうです。そのため、女性ホルモンが乱れれば、線維芽細胞の元気がなくなり、シワやたるみの原因となってしまうのです。

つまり、女性ホルモンのバランスを整えることも、細胞を活性化させる方法のひとつとなるのです。

ターンオーバーにも効果あり?人気エイジングケアお試し座談会レポート

注目される酵素の働き

酵素ダイエット、酵素ジュースなどなど、近頃なにかと酵素という言葉がでてきます。

私たちのからだが、栄養を取り入れたり、毒素を排出したりする際にはつねに酵素の働きがあります。

美肌の大敵・活性酸素を分解させるのにも、酵素は関わっています。

健康の面からも美容の面からも酵素に注目が集まるのは当たり前といえば当たり前のことです。

ただ、こういった酵素は、一生のうちでつくられる量が決まっているとも言われており、年を重ねるとともにつくられる量も減ってきてしまいます。

それがイコール老化につながっていくわけですから、何とか減少する酵素を補充したいですし、細胞を活性化させて老化を食い止めたいものですよね。

とはいえ、残念なことに、普段の食事で摂るのが難しい酵素というのもたくさんあります。

そこで、現実的になるのが、サプリメントでの摂取や、エイジング化粧品による補充です。

酵素のサプリやドリンクというとダイエットというイメージもありますが、基本的には細胞を元気にして正しく働かせるようにしてくれます。

化粧品でも、酵素を持った植物由来の成分を配合した化粧品や、そのまま「酵素化粧品」として売られているものまであります。

体内から抗酸化を促す意味でも、酵素は食事・スキンケアでも取り入れていきたいですね。

年代別に選んだ!
エイジングケア化粧品2選

<30・40代>
ラウディ・クリーミィ
モイストミルク

乳液・美容液・クリームの機能が1つになった「オールイン乳液」。美容成分の酸化物が肌に残留しないよう、浸透性の高いヒト型セラミド・コラーゲンを配合した“無酸化発想”のエイジングケア化粧品。

エイジングケア化粧品 ラウディ クリーミィモイストミルク

引用元:
ラウディ公式サイト
laudi.jp/product/・milk.html

初回1,980

<20代>
ヴィオー
パワーエッセンス

紫外線のダメージケア成分「AC-11」を配合。できる限り天然由来の成分を使用することで、敏感肌やアトピーの方でも使用できる美容液です。

エイジングケア化粧品2位 ヴィオーパワーエッセンス

引用元:
ヴィオー公式サイト
vie-eau.co.jp/
poweressence.html

トライアル 2,000円

 

※本サイトは、座談会・体験レポートのほか、個人が収集した情報をもとに構成しております。
最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認ください。

pagetop